スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぎっちょドラマーの誕生(最終回)

2009年10月29日
買ったチャレンジャーはぎりぎり4畳半に納まった。
そんで何の迷いもなく、右利きにセッティングした。

音は予想以上にうるさく、ゴム板の上にさらに漫画本を置いてその上に古着を置いてガムテープで止めた。
その結果、全くリバウンドのないドラムとなり、そのため、二つ打ちができるようになるまで30年かかった。と、言い訳しておく。

ダンボールドラムで陶酔していた曲たちは、さすがにドラムを前にすると全く手が出なかった。(今でも出ない)

初めてコピーしたのはバウワウの「ハーツ・オン・ファイヤー」
バウワウファーストのA面の1曲目。

リズムパターンは簡単にできた。
が、、、、、オカズができない。
結構早い曲なもんだから、ぎっちょの俺は右手始動でタムを回せなかった。
試しにフロアタムから回すとできる。

また、フォクシーレディというシャッフルの曲もダメだった。
チャッカチャッカって右手が動かない。
そんでこれも左ならできる。

ここで悩んだ。
「やっぱ、左か・・・・どうしよう」

中学の時、右利きを意識してダンボールドラムで右手でリズムを刻み始めたけど、オカズを左手始動でやっていたのが仇になった。
まあ、その時はドラム買うなんて夢にも思ってなかったから仕方がない。


後年、対バンやコンテストで迷惑を掛けるようになるとは想像もしていなかったが、それでも悩んだ。
イアンペイスがぎっちょだってのも知らなかったし。
知ってたら悩まなかったろうなあ。

今思えば、ここで根性出してそのまま右利きになれば良かった。
そしたらサイモンフィリップスになれたかも知れないってことはない。
が、少なくとも今よりは左右均等に動くことはできたろうなあ。


んで、悩んだ末、セットを左に組みなおし、バウワウファーストをコピーして遊んだ。
それから、ディープパープルに手を染め、プリズムへと移っていった。


いやあ、根性なかったなあ。
あの頃に戻りたい!

まあ、しゃーねー!!

かくしてぎっちょドラマーが誕生し、高校2年の4月に軽音楽部に入ったとたん、
「え、ぎっちょ!!」
っていう今ではすっかり慣れたリアクションを、この時生まれて初めて聞くのであった。

スポンサーサイト
Comment
No title
人に歴史有り・・・。

サイモンになりたっかたけど結局身長だけはかなり似てるだけ・・・。
No title
あー、ボクも左利きプレイヤーになればよかったなぁ。
ジミヘンになれたか?

いやぁせいぜい松崎しげるかも..

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。