スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しばらくお別れ

2011年04月20日
あれは、2007年のデビュー戦のライブの後だったと思う。

はるちゃんのステージでの動きが少ないと感じた僕は
「もっと動け」
と言った。

すると、彼女は
「大学時代のバンドで客にお尻を向けちゃいけないと言われた」
と言った。

俺は言った。

「尻なんか、ガンガン見せてやりなさい」

こうして、富岡荘のステージングが固まった。




あれは、2008年1月のロックサーキットの打ち上げの席のことだと思う。

みーちゃんが

「君たちは四畳半ハードロックバンドだ」

と言った。

僕らはこの言葉がいたく気に入り、名刺にも刷り込んだ。
こうして、富岡荘の目指す音楽が具体的な言葉になった。



そして、5人で走ってきた。


そして、3年半が経った。


そして・・・・



ついに



来るべき時を迎えた。




富岡荘2daysラストライブにたくさんの方に来ていただき、本当にありがとうございました。

「感動的なライブをありがとう」と言われました。
だけど、それは違います。

皆さんの応援があったから、そういうライブにさせてもらえたんです。
お礼を言うのは、我々のほうです。


ありがとうございました。



泣くとは思ってたけど、あんなサプライズで泣かされるとは思ってもいなかった。

「やられた」

と思った。





富岡荘を組んだ頃、僕は前任のベースの「とが」としょっちゅう飲みに行ってた。
そして、

「最後のライブでどうやって、はるちゃんを泣かすか」

という話題でいつも盛り上がってた。
いつ飲みに行ってもそうだった。

「カックラキンのエンディングのテーマ曲を合唱しながら花束渡そうぜ」
とか
「さよならの向こう側を歌わせて、マイクをステージに置かそうぜ」
とか。

今、思う。
僕らはこうして結成当初から「最後」を意識してきたんだ。

だから、頑張れたのかも知れない。




今回のラストライブの数週間前、チラッとはるちゃんに

「どうやって終わりたいか」

と聞いた。


彼女は

「普通に終わりたい」

と言った。

だから僕は特別な準備をしなかった。

したっけ、あのサプライズだも。
完全にやられた。





ありがとう。






僕は、ラストを迎えるまでバンドとしてやり残したことがないようにしてきた。
それはできたような気がする。

今は、ある種の達成感もある。



だけど、残念ながらラストライブでひとつだけ残しちゃったなあ。



屁の鳥のキーさえ合っていれば・・・




3年半に渡り、たくさん応援していただき、本当にありがとうございました。
スポンサーサイト
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。