スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水泳

2009年04月12日
ご無沙汰しております、みょうてんでございます。
おかわりなく、お過ごしですか?

昨日、数年ぶりに区民プールに行ってきました。
んで、なんかいろいろ思い出してしまった・・・

それは30代前半の頃でしたね。
仕事は忙しかったけど、バンドもなくなり、飲みに行くには金もないということで、会社の同僚と3人で、スポーツクラブに通い出しました。
最初はマシンを使って筋トレをやっていたんだけど、男3人でああいうものをやるのは、非常に良くない。
「自分がいかに力があるか」というのを誇示したいがために、思いっきり無理をし、その結果、3人とも具合が悪くなり便所で吐くというウソのような本当の話がありました。

んで、しばらくして「そういえば俺、泳げないんだよなー」って話になり、偶然3人とも「息継ぎができず、17メートル位しか泳げない」という同じような力量であったことから、今度は水泳を習うことにした。

そんで、申し込んだ時、水泳パンツを買わされた。
競技用の思いっ切りビキニタイプ。
最初の講習でそれを着た時、3人とも見事にギャランドウがはみ出しており、こりゃーかっちょ悪いと、僕は生まれて初めてギャランドウの手入れをした。
カミソリで剃って形を整えたのであるが、生来、カミソリ負けをするタイプの私のお股は、真っ赤っかになってしまった。

それでもしょうがないので、笑われるの覚悟で講習に行ったら、もうひとりのヤツもお股を真っ赤っかにしてきたので、大笑いした。

そんなわけで、クロール25メートル完泳を目標に習い始めた。
先生は教えるのがうまく、3人とも割とすぐに泳げるようになり、講習を卒業した。

それからしばらくは3人で勝手に泳ぎ、「100メートル休みなしで泳いだぞ」とか言って遊んでたんだけど、そのうち職場も変り、スポーツクラブには行かなくなってしまった。

だけど、僕はすっかり水泳が楽しくなり、「土曜日の10時から2時間」と決めて、ひとりで区民プールに行き始めた。
回数券を買い、2年くらい行ってたんでないかなあ。

が、そのうち今度は釣りを覚え、毎週のように行きだしたもんだから、プールは疎遠になってしまった。

あれから何年経ったんでしょうねえ。

僕の財布の中には、かすんで文字が見えなくなった回数券があり、昨日、数年振りにそれを使って泳いできました。

爽快でしたねえ。
水泳はいいなあ。

えっ、そんでどれくらい泳げるようになったのって?

いい質問すねえ、お答えしましょう。


「わかりません」


区民プールは「50分好き勝手に泳いで10分休憩」というサイクルを繰り返すのだけど、僕はこの50分を一度も休まずに泳ぐことができるのだ。

昔、1200メータまで数えて面倒くさくなって止めたことがあるんでね、1キロは軽く越えます。


どうだ!!


僕はただのデブじゃないのだ。
スポンサーサイト
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。